七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

【少女たちは荒野を目指す】7話 ふたなり!?BLで壁ドン!?美少女ゲーム告白シーンのアイディアとは!?

「なんだ…。眼鏡ケースか…。」

 

七星ななです(・v・☆)
アニメ『少女たちは荒野を目指す』7話、感想いくぞ☆

 

【ネタバレ注意】
※アニメ『少女たちは荒野を目指す』7話のネタバレがあります。

 

★第7話「いつもと同じ、違うキミ」

シナリオに行き詰まってしまった、文太郎(北条文太郎)。
そのシーンとは、美少女ゲームにおける重要イベントの1つ、“告白シーン”。
恋愛経験のない文太郎はメンバーに相談するが、まともな経験者はなし。
話し合いの結果、告白シチュエーションを全員で考えることになる。

 

20160219_shoujotachihakouyawomezasu(ep07)_16
© みなとそふと/しょこめざ製作委員会

恋愛経験をメンバーに尋ねる、文太郎。
最後の望みをうぐいす(結城うぐいす)に賭けるが、結果は全滅。

文太郎「万馬券枠で結城…?」
うぐいす「万馬券枠ですか…。あ、いえ…、経験ないですけどね実際…。」

 

20160219_shoujotachihakouyawomezasu(ep07)_15
© みなとそふと/しょこめざ製作委員会

業界屈指のシナリオライター“ぶるぅたす”こと細川さん。
プロの視点からのアドバイスは…

本名、いや~ん!いや~ん!ペンネームでよ・ん・で~!

細川「大事なのは妄想力!」
文太郎「妄想…。」
細川「自分の欲望の中で最も下品願望を垂れ流しにする!これだね~!」

 

20160219_shoujotachihakouyawomezasu(ep07)_19
© みなとそふと/しょこめざ製作委員会

スランプの文太郎に砂雪(黒田砂雪)が助け舟。

砂雪「まず北条君が夜な夜なお世話になっているモノを教えて…。」
文太郎「ええっ!!?」
砂雪「い、言いづらければ現物でも可…!」

 

20160219_shoujotachihakouyawomezasu(ep07)_20
© みなとそふと/しょこめざ製作委員会

疑似恋愛体験を兼ねて、夕夏(小早川夕夏)とのデート。
素っ気ない文太郎に不満顔の夕夏。

夕夏「プラスはされない。減るだけ。」
文太郎「減点式かよ…。」

 

20160219_shoujotachihakouyawomezasu(ep07)_21
© みなとそふと/しょこめざ製作委員会

弱気な文太郎を励ます、夕夏。
告白は“次”の機会に。

夕夏「つまんねーヤツかもしんないけど…、いいヤツだよブンタ。」
文太郎「…そうかぁ?」
夕夏「だってアタシ、ブンタのおかげで…。

 

20160219_shoujotachihakouyawomezasu(ep07)_22
© みなとそふと/しょこめざ製作委員会

特別な1日を過ごし、疲れ果てた文太郎。
突然、かかってきた1本の電話の主は…

砂雪「修羅場モード…、発動よ…。」
文太郎「えぇ?何?」
砂雪「分からない?」

缶詰よっ…!!

かっ、缶詰…!!?

 

★7話の注目シーン

20160219_shoujotachihakouyawomezasu(ep07)_01
© みなとそふと/しょこめざ製作委員会

菊池「愚問だな…。」

好きだの愛してるだの口にする前に相手の唇を塞げばいい…。

メンズラブ教師こと菊池先生の壁ドンです!

シナリオが書けない文太郎が相談を求めて話しかけたら、こんな展開になっちゃいました!的な。
強烈キャラ、キター!!的な。

イケメンティーチャーと男子生徒の禁断の壁ドン…
これはもう絶好のBLゲームのネタ!?

結局、文太郎のファーストキスは亜登夢によって守られました!

 

20160219_shoujotachihakouyawomezasu(ep07)_04
© みなとそふと/しょこめざ製作委員会

砂雪「ヒ、ヒロインのふりをして、主人公をコロしに来た的よ…。
文太郎「本当に殺人予告!??
砂雪「あとは頑張って…。私は永久の眠りに……。

文太郎の為にメンバーそれぞれが考えた告白シチュエーションです。
第1弾は黒田砂雪プロデュース!
テーマは王道の“ラブレターで呼び出し”!?

主人公(文太郎)の下駄箱に入っていたのは殺人予…、じゃなくてヒロイン・キリカからのラブレター
キリカの待つ屋上へ向かうと、そこで待っていたのは…

キリカの名を騙る悪党に撃たれる砂雪…
無残にもを落としてしまう…

ところで砂雪は一体何役なんでしょうか?
因みにキリカ役は夕夏でした。

 

20160219_shoujotachihakouyawomezasu(ep07)_06
© みなとそふと/しょこめざ製作委員会

文太郎「ん?何か当たってんだけど…?
テルハ「当ててんのよ…?
文太郎「…とか?」
テルハ「ううん…。これは私のおちん…!

わぁー!ふたなりだぁー!

告白シチュエーション第2弾は安東テルハ、プロデュース!
テーマは“密室での2人”

追ってくる敵から逃亡する主人公(文太郎)とキリカ(テルハ)…
逃げ込んだ密室で2人は…

テルハが絡むとやっぱりそっち系になるのでしょうか!?
BLといい、ふたなりといい、一般人には理解できないマニアックな世界です…。

 

20160219_shoujotachihakouyawomezasu(ep07)_12
© みなとそふと/しょこめざ製作委員会

文太郎「痛く…ないか?
うぐいす「い、痛いに決まってるでしょ…!?もっと優し…く、しなさいっ!

第3弾は、うぐいす…じゃなくて多分テルハのプロデュース?
シチュエーションはうぐいすのアイデアで、演出がテルハと言ったところでしょうか?
テーマは“弱ってるヒロイン”…らしいです。

保健室で傷ついたキリカ(うぐいす)を看病する主人公(文太郎)…
主人公の優しさに惹かれながらも、強がるキリカ…
体の自由が利かないキリカの手当てをする為に、主人公は彼女のを脱がせる…

ぎこちない文太郎とうぐいすの演技がとても生々しいです!
特にうぐいすの演技(仕草と台詞)はかなり“萌え”ました。
砂雪の言う通り、妹キャラとしては適役です☆

 

今回紹介したシーンでは、2次元世界現実世界の描き分けが象徴的でした。
このアニメは両方の視点から描かれていて、そのバランスが絶妙です。
ゆえに、ベタなシーンでも楽しめるのだと思います。

このシーンのこの台詞は2次元か、現実か…
そんなことを意識しながら見るのもまた一興かもしれません。

しかし…

2次元派美少女の黒田砂雪といい、メンズラブ教師といい…、一体何なんですか、この高校はっ!?
ゲームネタに事欠かないのは良きことです。

 

★7話の感想

告白シチュというかコントです☆
メンバーの個性が出ていてとても見応えあり!
再現しながらゲームを作る楽しさが伝わります!
ベタなスクールアニメの殻を破った感アリ!?
夕夏と文太郎の関係も気になる所ではありますが…
やっぱり1番はメンズラブ教師登場!?
次回は缶詰!!
トラブル発生の予感!?
楽しみだぞ♪

 


関連記事

   
ページ上部へ戻る