七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

【ソードアート・オンライン】ゲーム内にダイブできる日も近い!?SAOの世界を体験できるイベント実施

株式会社KADOKAWA アスキー・メディアワークスが、アニメも好評の大人気ライトノベル『ソードアート・オンライン』と、コンピューター関連の大手企業「日本IBM」とのコラボレーションにより、『ソードアート・オンライン』の世界観を体験できる新感覚のイベント「ソードアート・オンライ ン ザ・ビギニング Sponsored by IBM」を2016年3月に実施します!

20160223_sao01

 

★イベント紹介

ソードアート・オンライ ン ザ・ビギニング Sponsored by IBM

(「ソードアート・オンライン ザ・ビギニング Sponsored by IBM」公式WEBサイトより)©2016 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAO Movie Project ©SWORD ART ONLINE THE BEGINNING PROJECT

ライトノベル『ソードアート・オンライン』の作品内に登場する仮想現実大規模多人数オンライン(VRMMO)ゲーム『ソードアート・オンライン』の世界観を実際に体験できるイベントが登場!
本イベントでは、日本IBMのクラウド・サービス「SoftLayer」をシステム基盤として活用することで、高負荷なデータが高速処理され、現実世界の臨場感がVRMMOゲーム上で実現されます。
また、IBMのコグニティブ・コンピューティング・システム「IBM Watson」が、未来のゲームにおいて活用されたらどのようなことができるのか? をイメージしたナビゲーター「コグ」がゲーム内に登場。
『SAO』ファンはもちろん、ゲームの未来、最新技術の先取り出来る体験イベントとなっています。
イベント開催期間は2016年3月18日(金)~20日(日)。

また公式サイトでは、作中で2022年にサービスを開始するVRMMOゲーム『SAO』のαテストが2016年に行われていたという誕生秘話を展開。
今回、それに合わせて本イベントを『SAO』のαテストと位置付け、テスター応募受付も開始。
募集人数は208名、受付期間は2016年3月4日(金)17時までとなっています。

 

★作品紹介

ソードアート・オンライン
いでおろーぐ02_カバー入稿
db_saop3_cover

原作は著・川原礫氏、イラスト・abec氏による、電撃文庫刊行のライトノベル作品。
2015年8月までに本編16巻を刊行、全世界累計発行部数は1670万部以上。
オンライン小説の商品化、ゲーム内に入り込むダイブ型ゲーム「VRMMORPG」の普及など、その後のライトノベル業界に多大な影響を与える作品に。
2012年、2014年にそれぞれ2クール放送でTVアニメ化、現在劇場版を制作中。

※詳細はこちら
【なな百科:作品紹介】『ソードアート・オンライン』

©SWORD ART ONLINE THE BEGINNING PROJECT

 

★ななコメント

大げさじゃなく、日本のゲームの方向性を大きく左右するイベントになるかもしれないぞ(・v・☆)

『SAO』ファンはもちろん、ゲームの最新技術と未来を体験する上でもぜひテスターに応募してみてください!

ただし、高血圧の方や乗り物酔いしやすい方は参加できないので、応募する前に注意事項をしっかり読んでおきましょう!

 


関連記事

   
ページ上部へ戻る