七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

【2016年秋アニメ】羽海野チカ氏の原作アニメ『3月のライオン』ビジュアル初公開!製作はシャフト、監督は新房昭之

羽海野チカ氏による大人気漫画を原作としたTVアニメ『3月のライオン』の初のアニメビジュアルが解禁されました!
20160325_lion_1

 

★放送情報

3月のライオン
20160325_lion_6
羽海野チカによる大人気漫画を原作としたTVアニメ『3月のライオン』の初のアニメビジュアルが解禁!
原作のタッチをそのままに、いきいきとしたキャラクターたちが美しい背景とともに描かれ、アニメーションとして動く姿にも期待できるビジュアルとなっています。
アニメーション制作:シャフト×監督:新房昭之氏という『<物語>シリーズ』『魔法少女まどか☆マギカ』のタッグにより、2016年秋よりNHK総合テレビにて放送となる本作。

さらに今回、キャラクターデザインを『ニセコイ』『荒川アンダー ザ ブリッジ』の杉山延寛氏が、音楽を『おそ松さん』『ささみさん@がんばらない』の橋本由香利氏が担当するなど、豪華スタッフ陣も発表となりました。
実写映画化も発表されており、ますます盛り上がる『3月のライオン』の今後の新情報にも注目です!

 

スタッフ
原作:羽海野チカ(白泉社 ヤングアニマル連載)
監督:新房昭之
キャラクターデザイン:杉山延寛
美術設定:名倉靖博
美術監督:田村せいき
音響監督:亀山俊樹
音楽:橋本由香利
アニメーション制作:シャフト
製作:「3月のライオン」アニメ製作委員会

 

イントロダクション
主人公・桐山零は、幼い頃に事故で家族を失い、心に深い孤独を負う17歳のプロの将棋の棋士。
東京の下町に一人で暮らしていたが、あかり・ひなた・モモという3姉妹と出会い、彼の心は少しずつ変わり始めていく―――。
ヤングアニマル(白泉社)で連載中の『3月のライオン』は、『ハチミツとクローバー』の羽海野チカ氏が描く、将棋界を舞台にした漫画として連載開始から注目を集め、現在コミックス11巻までが発売中の大人気作。
2011年に第4回マンガ大賞2011及び第35回講談社漫画賞一般部門を受賞し、2014年に第18回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞、2015年には「ダ・ヴィンチ」「BOOK OF THE YEAR2015」コミック部門第1位を獲得した。
これは、様々な人間が何かを取り戻していく、優しい物語。
そして、戦いの物語。

 

★キャラクター紹介

桐山零
20160325_lion_2
この物語の主人公。
六月町に一人で暮らす、プロ棋士の高校生。
周囲に馴染めず、孤独な生活を送る。

 

川本あかり
20160325_lion_3
三月町に暮らす3姉妹の長女。
両親がいない川本家の大黒柱。
料理上手で面倒見が良い。

 

川本ひなた
20160325_lion_4
3姉妹の次女。
中学2年生で、明るくがんばりやな性格。
料理は少し苦手。

 

川本モモ
20160325_lion_5
3姉妹の三女。
保育園に通う。
零のことが大好きで、ちょっとだけ泣き虫。

©羽海野チカ・白泉社/「3月のライオン」アニメ製作委員会

 

★作品紹介

3月のライオン
3月のライオン (1) (ジェッツコミックス)
2007年よりヤングアニマル誌上で連載されている、羽海野チカ氏による作品。
棋士の先崎学氏が監修を務める本格的な将棋マンガで、連載開始直後から人気を博し、数多くの賞を受賞。
常にメディアミックスが期待されていた作品だったが、2015年TVアニメ化&実写映画化を発表。

 

★ななコメント

アニメビジュアルの零さんたち、とっても素敵ですっ☆

TVアニメではどんな物語が描かれるのでしょうか?

秋の放送が待ちきれません!

 


関連記事

   
ページ上部へ戻る