七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

【なな百科:キャラクター紹介】『Fate/Zero』ランサー/ディルムッド・オディナ

なな情報局の辞書、なな百科ではついつい萌えちゃうあのキャラや、かっこいいあのキャラ…気になる謎キャラを紹介するぞ(>ω<☆)ノ

今回は『Fate/Zero』のランサーさん!

※メディアミックス作品のため情報はアニメやゲームなどが混在しています。
※一部ネタバレがあるので、注意してください。

 

★ランサー/ディルムッド・オディナ

Fate/Zero ランサークリーナークロス

 

★キャラクター概要

TYPE-MOONのアドベンチャーゲーム『Fate/stay night』の派生作品、TVアニメ『Fate/Zero』に登場するキャラクターの一人。
魔術協会の魔術師であるケイネス・エルメロイ・アーチボルトに召喚された第四次聖杯戦争でのランサーのサーヴァント。

右目下の泣き黒子には女性を恋に墜とす魅了の力を宿しているが、ランサー自身にもこの魅了の力はコントロールできない。
そのため、風貌から「魔貌」「輝く貌」の異名を持っている。
槍術の使い手としてかなりのもので、「破魔の紅薔薇(ゲイ・ジャルグ)」、「必滅の黄薔薇(ゲイ・ボウ)」という長さの違う2本の槍を自在に操る。

正々堂々を重んじる英霊らしい英霊であり、生前に叶えられなかった「純粋な武と忠義に貫かれた、戦士の生き様の完遂」を果たすため、召喚に応じ契約を結んでいる。

その正体は、ケルト神話におけるフィオナ騎士団指折りの騎士であったという「ディルムッド・オディナ」。

主君であるフィンの花嫁候補として迎えられたグラーニャ姫から一目惚れされ、彼女にゲッシュとして「自分を連れて逃げること」を課された結果駆け落ち、アイルランド中を逃亡する羽目になってしまう。
逃亡中も主君への忠節を貫き、彼女には指一本触れていない。
後にフィンと和解、晴れてグラーニャと結ばれたものの幸福も長くは続かなかった。

異父弟の生まれ変わりの猪によって致命傷を負わされてしまった際、癒しの魔力を持つフィンに助けを求めるが、実はグラーニャの件を根に持っていたフィンに見殺しにされてしまう。

第四次聖杯戦争では、正々堂々を重んじるセイバーとは通じるものがあったようで、ライバル視している。
マスターであるケイオスとはその性格からそりが合わず、表立った対立はなかったがケイオスの婚約者であるソラウを巻き込んだ三角関係もあり、主従関係はかなり悪かった。

セイバーとは時に死闘を演じ、時に共闘することもあり互いに決着を望んでいたが、一騎打ちの最中に切嗣の策により令呪での強制自害を強いられ、ただ一つ抱いた祈りさえ叶わなかったことへの怨嗟を叫びながら最期を迎える。

※詳しい作品情報はこちら
【なな百科:作品紹介】『Fateシリーズ』

 

★プロフィール

CV:緑川光
真名:ディルムッド・オディナ
クラス:ランサー
マスター:ケイネス・エルメロイ・アーチボルト
身長:184cm
体重:85kg
属性:秩序・中庸
イメージカラー:翡翠色
特技:アウトドア料理、接客対応
好きなもの:友情、仁義
苦手なもの:恋する乙女、嫉妬深い男
天敵:ソラウ、ケイネス

 

★呼び名

ケイネス・エルメロイ・アーチボルト:ランサー、貴様
ソラウ・ヌァザレ・ソフィアリ:ランサー、ディルムッド

 

★宝具

破魔の紅薔薇(ゲイ・ジャルグ)
接触している物の魔力を打ち消す事が出来る長槍。
完了した呪いなどには効果がないものの、格上の宝具であろうと触れるだけで一時的に機能を失わせるため、「宝具殺しの槍」とも称されている。

必滅の黄薔薇(ゲイ・ボウ)
治癒が決してできない傷を与える呪いの短槍。
「傷を負った状態」が全快状態になるため、どんな回復手段でも治癒不能となる。
常時発動型であり槍を破壊するか、もしくはランサーを消滅させることでしか解呪できない。

 

★名言、迷言

「このディルムッドを差し置いて、“片腕のみのセイバー”を討ち果たすことだけは、断じて許さぬ。なおも貴様が引かぬとあらば、これより先は我が槍がセイバーの“左手”に成り代る」
「俺のマスターは殺させない。セイバーのマスターも殺さない。俺も彼女も、そのような形での決着は望まない」
「セイバーよ……この胸の内に涼風を呼び込んでくれるのは、今はもう、おまえの曇りなき闘志のみだ」
「私はサーヴァントであるより以前に一人の騎士なのです。忠義を尽くす君主は、ただ一人しか有り得ない。ソラウ様、どうかご容赦を」
「赦さん……断じて貴様らを赦さんッ!名利に憑かれ、騎士の誇りを貶めた亡者ども……その夢を我が血で穢すがいい!聖杯に呪いあれ!その願いに災いあれ!いつか地獄の釜に落ちながら、このディルムッドの怒りを思い出せ!」

 

★関連グッズ

 


関連記事

   
ページ上部へ戻る