七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

デジモンOP「Butter-Fly」などで有名な歌手・和田光司さんが死去。享年42歳

テレビアニメ『デジモンアドベンチャー』の主題歌「Butter-Fly」などで知られる歌手の和田光司さんが4月3日早朝に上咽頭がんのため亡くなったことが、所属事務所によって発表されました。

20160411_wada01
(画像:「和田光司」公式WEBサイトより)©2014 SOLID VOX All Rights Reserved.

和田さんは1999年4月にButter-Flyでメジャーデビュー。
パワフルでエネルギッシュなロックサウンドとボーカルが人気を博し、カラオケでも定番曲になるなど、幅広い層に歌われるヒット曲となりました。
その後も精力的に活動する一方、2003年に上咽頭がんが発覚。
2011年には再発が発覚するも、その都度復活を果たしたことから「不死蝶のアニソンシンガー」と呼ばれていました。

長期にわたって闘病を続け天へと羽ばたいた和田さんとのお別れを惜しむ声がTwitter上などで多数寄せられており、『デジモンtri』公式アカウントでは
「あなたの歌声はデジモンの宝でした。デジモンtri.でも、和田さんの歌声は響き続けます。 ありがとうございました。」
とのメッセージが送られています。
Butter-Flyなどの作詞作曲を手掛けた千綿偉功さんはブログで和田さんとの出会いや想い出について明かし、最後に
「和田君。僕が生み出した曲たちを大切に唄い続けてくれて、本当にどうもありがとう。どうか、安らかにお眠り下さい。」
と綴っています。

また、アニソン歌手仲間からも数多くの追悼メッセージが寄せられており、『ポケモン』の主題歌「めざせポケモンマスター」などで知られる松本梨香さんは
「ポケモン デジモン ライバルだね~♪って言いながら一緒にステージで歌った事が昨日のようです。自分の番組にも出てもらったり……心からありがとう。」
と感謝を述べています。
『スレイヤーズ』『少女革命ウテナ』などの楽曲を手掛けた奥井雅美さんは
「とても、爽やかで優しい方だった。またいつか一緒に歌いたい。」
とコメント。
Butter-Flyを何度もライブでカバーしたという佐々木淳平さんは、
「もうステージで見られないのが残念でなりません。 1回でいいので共演したかったです。」
と、辛い胸の内を明かし別れを惜しんでいます。

4月下旬にはファンも参加可能な「和田光司 お別れの会」が都内で開催される予定です。

 

★アーティスト紹介

和田光司
re-fly

1999年4月にTVアニメ『デジモンアドベンチャー』のOP曲「Butter-Fly」でメジャーデビュー。
その後も『デジモン』シリーズの主題歌をはじめ、数多くの楽曲をパワフルな歌声で歌い上げ、アニメシーンに燦然と輝くシンガーとして活躍。
最新シングルである劇場アニメ『デジモンアドベンチャー tri.』第二章EDテーマ「Seven~tri.Version~」は、オリコンチャート自己最高位を記録。

 

★ななコメント

「Butter-Fly」は落ち込んでいる時に聴くと力が湧いてくる曲で、和田さんの歌声には何度も勇気を頂きました。

その歌声がもう聴けないと思うと寂しいですが、和田さんが残した数多くの楽曲は、これからもたくさんの人の心を奮い立たせていくと思います。

謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

 


記事の感想など、お気軽にコメントください。

関連記事

   
ページ上部へ戻る