七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

【なな百科:キャラクター紹介】『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』リリルカ・アーデ

なな情報局の辞書、なな百科ではついつい萌えちゃうあのキャラや、かっこいいあのキャラ…気になる謎キャラを紹介するぞ(>ω<☆)ノ

今回は『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』のリリルカ・アーデちゃん!

※メディアミックス作品のため情報はアニメやゲームなどが混在しています。
※一部ネタバレがあるので、注意してください。

 

★リリルカ・アーデ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ハードタイプパスケース リリルカ・アーデ PA-PSC8945

 

★キャラクター概要

大森藤ノ氏によるライトノベル、およびそれを原作としたアニメ作品『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』に登場するキャラクターの1人。
冒険者をサポートする「サポーター」を生業とする小人族(パルゥム)の少女で、愛称は「リリ」。
誰にでも敬語を使い幼い見た目ではあるが、ベルより一つ年上である。

両親がソーマ・ファミリア団員だったため、生まれた時から所属を余儀なくされた。
両親は神酒を求めレベルに見合わない階層に進んだ結果、モンスターに殺され孤独の身となる。
リリ自身も冒険者としての腕に恵まれず挫折、専業のサポーターになったがサポーターを軽視し虐げる冒険者達に対しての憎しみを募らせていた。

ファミリアを脱退するための金を盗賊まがいの真似をして集めていた際、ベルの「神のナイフ」に目をつけパーティを組む。
「神のナイフ」目当てで組んだパーティだったが、ほかの冒険者たちとは違うベルのやさしさに困惑し、だましていることに引け目を感じるようになっていく。
しかしその後初志貫徹し、ベルを罠にかけて「神のナイフ」を盗むが、カヌゥたちの罠によりモンスターに殺されそうになってしまったところを、間一髪ベルに救われる。

以降は改心し、ベルに深く心酔、異性として好意を持っている。

アポロン・ファミリアとの戦争遊戯の際には、ソーマに掛け合って脱退を懇願、神酒を飲まされるがベルへの想いで神酒の誘惑に打ち勝つ。
その後「神のナイフ」を担保にすることで、正式にヘスティア・ファミリアへと改宗し、ベルの危機に駆けつけている。

 

★プロフィール

CV:内田真礼
年齢:15歳
身長:110cm
種族:小人族(パルゥム)
職業:サポーター
ステイタス:Lv.1
所属:ソーマ・ファミリア → ヘスティア・ファミリア
武器:リトル・バリスタ

 

★呼び名

ベル・クラネル:リリ
ヘスティア:サポーター君
ヴェルフ・クロッゾ:リリスケ

 

★使用魔法・スキル

シンダー・エラ
体格が近ければ、どのような姿にも変身することができる魔法。

 

縁下力持(アーテル・アシスト)
一定の装備過重時における補正スキル。
能力補正は重量に比例している。

 

★名言、迷言

「お兄さんどうですか?サポーターは要りませんか?」
「どうして…どうしてですか!何故リリを助けたんですか?!どうしてベル様はリリを見捨てないんですか?!!」
「はい!誓います!ベル様に、ヘスティア様に、なによりリリ自身に!リリはベル様に救われました。もう決して裏切りません 裏切りたくありません!」

 

★関連グッズ

 


関連記事

   
ページ上部へ戻る