七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

【ちびまる子ちゃん】お姉ちゃん役の声優・水谷優子さんが死去。享年51歳

人気アニメ『ちびまる子ちゃん』お姉ちゃん(さくらさきこ)役の声優・水谷優子さんが2016年5月17日、乳がんのため亡くなったことが所属事務所・青二プロダクションの公式HP上で発表されました。

20160520_mizutani01
(画像:「青二プロダクション」公式WEBサイトより)©AONI PRODUCTION Co.,Ltd

水谷さんは1985年に『機動戦士Ζガンダム』の飛行場アナウンサー役でデビュー。
1988年にはOVA『エースをねらえ!2』岡ひろみ役で初主演を果たし、その後も数多くの人気作に出演。
特に、TVアニメ史上最高視聴率となる39.9%を記録した『ちびまる子ちゃん』では気の強い性格のお姉ちゃんを演じ、国民的キャラクターになると共に水谷さんの代表的な役となりました。

『ちびまる子ちゃん』HP上では、
「平成2年の初回放送から長きにわたりお姉ちゃんの声を演じていただき、『ちびまる子ちゃん』を楽しく盛り上げていただいておりました。」
と、追悼の言葉が綴られています。

『ちびまる子ちゃん』の作者・さくらももこ先生は自身のブログでその悲しみを綴り、
「水谷さんはキレイで明るい素敵な女性でした。 いつもニコニコしていて、面白いことが大好きそうでした。」
と想い出を語っています。

また、同世代の声優で『アイドル天使ようこそようこ』で共演したかないみかさんはTwitterで
「悲しい。本当に悲しい。一緒にバリ島にも行ったよね。この間会った時、一緒にようこのイベントやろうねって話したよね。」
と辛い心情を吐露。
その早過ぎる別れを惜しむ声が綴られています。

 

★声優紹介

水谷優子
Under The Rose

青二プロダクションに所属する女性声優。
1985年、『機動戦士Zガンダム』で声優デビューを果たし、『エースをねらえ!2』の岡ひろみ役で初主演を果たす。
その後も『ちびまる子ちゃん』お姉ちゃん(さくらさきこ)、『ブラック・ジャック』ピノコ、『ふしぎの海のナディア』マリーなど、気の強い女の子を中心に数多くのキャラクターを演じ、各作品を大いに盛り上げました。

 

★ななコメント

水谷優子さんの演じる『ちびまる子ちゃん』のお姉ちゃんは、まる子ちゃんを時に厳しく、時に優しく窘める声がとても印象的で、日本の「お姉ちゃん像」を確立したキャラクターだと思います。

これから更に円熟味を増して、いろんなアニメでその芯の通った素敵な声が聞ける筈だったのに、51歳という若さでお別れしなければならないのは本当に残念です。

謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

 


   
ページ上部へ戻る