七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

【閲覧注意!?】『進撃の巨人』ウォール・トーキョー突破広告、諸事情により自主規制!この発想は面白い!

これは閲覧注意だぞ…Σ(・v・☆)

『別冊少年マガジン』で連載中の人気漫画「進撃の巨人」が、 11月28日(金)から上野の森美術館にて「進撃の巨人展」を開催します。
開催に先駆け、10月6日(月)より都営大江戸線六本木駅ホームにて、「進撃の巨人展」のデジタルサイネージ広告を1週間限定で展開します。

 

★都営大江戸線六本木駅ホームを「進撃の巨人」がジャック!

「進撃の巨人展」 ウォール・トーキョー 突破広告第1弾

20141003_attackOfTitan (2) 20141003_attackOfTitan (3)
20141003_attackOfTitan (4) 20141003_attackOfTitan (5)

初となる原画展示はもちろん、リアルスケールの立体造形展示など、作品の世界観を存分に体感できる「進撃の巨人展」は、好評につき既に開催初日のチケットも完売。

今回展開されるデジタルサイネージ広告は、開催を待ちわびるファンも衝撃のグラフィックとなっています。
そのビジュアルは大胆にも巨人の“食事中”シーン。
本編では決してみることのない、一部画像処理を施した姿は必見です。
六本木を“陥落”させた彼らは、上野を目指して進行するのか?
「進撃の巨人展」開催に向けた今後の展開から目が離せません。

期間:2014年10月6日(月)~2014年10月12日(月)
場所:都営大江戸線六本木駅ホーム

 

★「進撃の巨人展」開催概要

20141003_attackOfTitan (6)
(画像:「進撃の巨人展」公式WEBサイトより)©諫山創・講談社/「進撃の巨人展」製作委員会

漫画「進撃の巨人」の原画はもちろん、絶望と恐怖に彩られた物語の世界観や、巨人との戦闘で沸き立つスピード感を体感できる、造形や立体映像をも融合させた総合展示となります。
漫画という平面世界から立ち上がり、観る人の五感をゆさぶる迫力を、全身で堪能できます。

進撃の巨人展CM「基本情報編」

「進撃の巨人展」
会期:2014年11月28日(金)~2015年1月25日(日)
先行公開日程:11月28日(金)・29日(土)・30日(日)
※開催初日28日(金)のチケットは完売
前期日程:12月1日(月)~12月31日(水)
後期日程:1月1日(木)~1月25日(日)
※休館日無し(年末・年始も開催)
会場:上野の森美術館 (住所:東京都台東区上野公園1-2TEL:03-3833-4191)
主催:「進撃の巨人展」製作委員会
開催時間:平日|10:00 – 17:00土日祝|10:00 – 20:00
※12/30、12/31、1/1、1/2は祝日扱い
※チケットは全て全日・日時指定

 

★「進撃の巨人展」展示内容

リアルスケール超大型巨人
原画展史上空前の造形展示。
1分の1リアルスケールで「超大型巨人」を立体造形化し、まるで物語の世界に足を踏み入れ、本物の巨人に遭遇したかのような恐怖を演出します。
立体的なオブジェクトだけが訴え得る迫りくる恐怖は、美術館を離れた後もいっそう印象深く、物語にリアリティーを与え続けます。

生原画 + 諫山創 特別描き下ろし原画展示
諫山創の作品世界が生まれるプロセスにふれることができる、生原画の展示を行います。
「進撃の巨人」の原画の展示は、本展が初となります。
また、本展のために特別に描き下ろした画も同時公開いたします。

オープニングシアター「上野、陥落の日」
入館後、一気に「進撃の巨人」の物語世界へと誘う、全身体感型オープニングシアター。
一人の “人類” である観覧者は、そこで初めて巨人と遭遇し、その恐怖と絶望を体験することになります。
映像、音声、振動などのギミックが観る人を刺激し、シアターを超えた体験を提供します。

アニメ声優による音声ガイド
館内の展示をより深く楽しんでいただくために、アニメ版「進撃の巨人」の声優陣録り下しの音声ガイドをご用意しています。
出演は、エレン、ミカサ、アルミン、リヴァイ、ハンジの5人(予定)。
人気のキャラクターと一緒に展示を回遊するような感覚が味わえる、マニア必携のガイドです。

360°体感シアター“哮”
バーチャルに兵団の一員となって「立体機動装置」の浮遊感が体験できる、『Oculus Rift』による 360°の 3D シアターです。
最新の映像技術が「進撃の巨人」の物語空間を出現させ、実際にその場にいるような圧倒的な没入感を味わえます。
現在の映像技術ではこれ以上ない、「進撃の巨人」の仮想現実空間です。

 

★作品概要

漫画「進撃の巨人」
コミック累計発行部数 4000 万部を超え、海外でも翻訳版が人気を集めるなど、日本のみならず世界中に衝撃を与えつづける作品(現在1~14巻、講談社刊)。
その魅力は、作者・諫山創の描き出す物語世界。
人類を捕食する謎多き「巨人」、巨人の侵入を阻む高い「壁」に囲まれた人類の居住地、巨人に対抗するために開発された「立体機動装置」、…などの独創的モチーフは、一読した読者の心を離さない。
アニメやゲームはもちろん、映画や CM、多数の企業とのコラボレーション企画など、影響はあらゆるメディアに広がりを見せており、今や、日本で最も読まれている漫画と言っても過言ではない。

 

★ななコメント

人間をファーストフードに変えるだけでこんなに健全になるとは…
そして、なぜか美味しそうに食べているようにも見える…不思議Σ(・v・☆)
原作知ってるから初見から笑えるけど、逆に原作知らない人はこれ以上見ない方がフレッシュな気持ちなので…?という新しい広告!

関連記事

   
ページ上部へ戻る