七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

【五時間目の戦争】ryo(supercell)と『おおかみこどもの雨と雪』の優が夢のコラボ!新刊コミック記念PV解禁

新刊コミックも曲も注目だぞ(・v・☆)

株式会社KADOKAWA発行の大ヒットコミック『おおかみこどもの雨と雪』の著者:優(ゆう)が描く、最新作『五時間目の戦争』が2014年10月4日(土)より全国書店にて発売となりました。
コミックスの発売にあわせて、著者と親交の深いryo(supercell)より本作品をイメージした書き下ろしの楽曲が提供されました。

20141006_gojikanmeno (1)

 

★ryo×優コラボレーション

複数のクリエーター、デザイナーによって構成されたインターネット発のエンターテインメント・ユニット「supercell」。
その音楽アルバムに本作の著者・優がイラストを提供するなど、以前から交流があった両者。
『五時間目の戦争』のコミックスの発売を記念した今回のコラボでは、なんと「supercell」のコンポーザーであるryoが本作のプロモーションビデオ用に書き下ろしの新曲を提供!

20141006_gojikanmeno (4)
20141006_gojikanmeno (5)
20141006_gojikanmeno (6)

タイトルは『Starting Bell』――つまり始業の鐘。

学校で行われる国語、算数、理科など一般的な科目に、突如加わった「戦(せん)」の授業。
そこに臨む生徒たちの心情を時に優しく、サビでは疾走感溢れるロックチューンで表現しています。
この楽曲を使った豪華PVは、『五時間目の戦争』公式HPほかにて10月3日より解禁!

ryoからの楽曲に関するコメント
これから戦いに出るという心境を勇敢に描いた楽曲になります。
また一巻発売記念ということも加味してわくわく感を重視して作ってみました。

ryoプロフィール
複数のクリエーター、デザイナーによって構成されたインターネット発のエンターテインメント・ユニット「supercell」のコンポーザー。

 

★作品概要

コミックス『五時間目の戦争』
『おおかみこどもの雨と雪』の優が描く銃後の青春!
世界の終わりが明日でも、私はきっと恋をする。

20141006_gojikanmeno (2)
20141006_gojikanmeno (7)
20141006_gojikanmeno (8)
20141006_gojikanmeno (3)

瀬戸内の離島の中学校。新たな授業として三年生たちに課されたのは、正体不明の敵との「戦争」だった!
ところが、クラス一の俊足の双海朔と、その幼馴染の安居島都の二人だけは、なぜか出兵不適格の烙印を押され…

著:優
発売日:2014年10月04日
定価: 580円(税別)

 

★ななコメント

PVだけ見ると三角関係!?
そして戦争!?
という不安とわくわくと色々な気分が湧いて…先が気になるぞ!
ryoさんの楽曲は作品のPVにとてもあっていて、是非音楽を聞きながら映像を見てほしいです(>ω<☆)

関連記事

   
ページ上部へ戻る