七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

【なな百科:キャラクター紹介】『最弱無敗の神装機竜〈バハムート〉』切姫夜架(きりひめ よるか)

なな情報局の辞書、なな百科ではついつい萌えちゃうあのキャラや、かっこいいあのキャラ…気になる謎キャラを紹介するぞ(>ω<☆)ノ

今回は『最弱無敗の神装機竜〈バハムート〉』の切姫夜架ちゃん!

※メディアミックス作品のため情報はアニメやゲームなどが混在しています。
※一部ネタバレがあるので、注意してください。

 

★切姫夜架(きりひめ よるか)

20160707_kirihime_1
(画像:「アニメ(最弱無敗の神装機竜〈バハムート〉)」公式WEBサイトより)c明月千里・SBクリエイティブ/最弱無敗の製作委員会

 

★キャラクター概要

GA文庫から刊行されている明月千里氏によるライトノベル、およびそれを原作としたアニメ作品『最弱無敗の神装機竜〈バハムート〉』に登場するキャラクターの1人。
本作のヒロインの一人で神装機竜〈夜刀ノ神〉の使い手。
生まれつき人を殺すことに躊躇いを満たず、異形の精神と異常なまでの戦いの才能を持ち、周囲から忌避されてきた。
元は羽々斬という姓だったが、9歳の時に兵法指南役から免許皆伝を授かるときに切姫という忌み名も受け取る。

古都国が滅びる時、アーカディア皇帝との契約により軍門に降り、以降は皇帝の忠実な僕として裏の仕事を行い「帝国の凶刃」と呼ばれる。
彼女の力を恐れた旧帝国の重鎮たちにより孤島に幽閉されていたが、その力を利用しようとしたドバル侯爵によって引き取られる。

だが実際は島を出るために従っているふりをしていただけで、忠誠を誓う皇族のアイリ殺害を命じられたことで本心を明かし、逆にドバルらを殺害する。

かつて唯一自分を人間として扱ってくれた双子の弟を守るために従者として仕える誓いを立てており、帝国との戦争では投降する代わりに弟の命は取らないという条件を付けるが、保身を考えた重臣たちの手によって弟は殺されてしまう。
ただ一人自分を信じてくれた弟の死に対しても悲しみを感じず、自ら人間として欠陥品であったことを悔しく思い、弟のために交わした契約を守りきることで誓いに殉じようとしている。

そしてアーカディア帝国再興のためルクスの前に姿を現すが、彼にその意志がないことがわかるとルクスの敵に回っている。
その実力はルクスに匹敵するほどで、同じく機竜使いの三大奥義を習得済みである。

彼に敗れた後は考えを改め、ルクスに仕えることを宣言し士官学園に編入している。
他のヒロイン同様ルクスにアプローチを掛けているが、他ヒロインよりもややタガが外れている部分がある。

 

★プロフィール

CV:石上静香
髪型:黒のロングヘア
性格:異常な精神力の持ち主、冷静
神装機竜:夜刀ノ神

 

★作品紹介

最弱無敗の神装機竜〈バハムート〉
最弱無敗の神装機竜 ≪ バハムート ≫ V [Blu-ray]
明月千里氏によるライトノベル作品。
クーデターによって滅ぼされたアーカディア旧帝国、亡国の皇子であるルクス・アーカディアは事故から王立士官学園大浴場に飛び込み、アティスマータ新王国の王女・リーズシャルテを押し倒してしまう。
機械装甲「機竜」での決闘を挑まれ、「無敗の最弱」と呼ばれるルクスは、決闘で実力を示したことでリーズシャルテに気に入られ、王立士官学園に編入することになる。

 

★書籍紹介

最弱無敗の神装機竜〈バハムート〉5
最弱無敗の神装機竜《バハムート》5 (GA文庫)
旧帝国「最後の従者」にして、――「最凶の刺客」が登場!

ルクスの前に現れた少女、切姫夜架。
かつて「帝国の凶刃」と呼ばれた彼女は、ルクスを慕い世話を焼こうとしつつ、新王国の滅亡と帝国の再興を求め、学園に波紋を呼ぶ。
秘められた過去の因縁と、新王国を狙う策謀が姿を現したとき、王都は未曾有の危機を迎え、開戦する!

 

★名言、迷言

「初めまして主様。暗殺でも、雑用でも――わたくしの身体をお好きに使っていただいても構いませんわ」

 

★関連グッズ

 


関連記事

   
ページ上部へ戻る