七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY』より、美しき青のアストレイ3号機「ガンダムアストレイ ブルーフレーム」がMETAL BUILDシリーズで立体化!

株式会社バンダイが、TVアニメ『機動戦士ガンダムSEED』の外伝作品「機動戦士ガンダムSEED ASTRAY」シリーズに登場する機体「ガンダムアストレイ ブルーフレーム」を「METAL BUILD」シリーズで立体化、予約受付を開始しました!

20160727_gundam01

 

★商品紹介

METAL BUILD ガンダムアストレイ ブルーフレーム
20160727_gundam02
20160727_gundam03
20160727_gundam04
20160727_gundam05
20160727_gundam06
20160727_gundam07
20160727_gundam08
(画像:「魂ウェブ」公式WEBサイトより)©創通・サンライズ ©BANDAI

「機動戦士ガンダムSEED ASTRAY」に登場する「ガンダムアストレイ ブルーフレーム」が、“超合金の良さ”と“作品に応じたデザインアレンジ”が融合する究極の完成品トイブランド「METAL BUILD」シリーズで立体化!
「METAL BUILD」シリーズとしては、「ゴールドフレーム 天ミナ」と「レッドフレーム」に続く3体目のアストレイとなります。
ダイキャストには電解メッキ、白い装甲にはポリカーボネート素材を採用し、深みのある彩色と質感を実現。
また、オリジナルデザイナーの阿久津潤一氏による新規武装組換えギミックなど、METAL BUILD用にアレンジされたフル・ウェポン装備が高いプレイバリューで再現されています。
数々の火器類も阿久津氏描き起こしのデザインとなっており、劇中同様にパージさせることが可能。

価格は24,840円(税込)。
2016年12月発売予定です。

 

★作品紹介

機動戦士ガンダムSEED ASTRAY
機動戦士ガンダムSEED ASTRAY B

『機動戦士ガンダムSEED』のサンライズ公式による外伝作品。
複数の作家による漫画や小説が中心となっていて、様々な雑誌で展開されており、モビルスーツの立体化も行われている。
「機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY-B」は電撃ホビーマガジン誌上で連載されていた、叢雲劾の視点で展開される千葉智宏先生による小説。
「機動戦士ガンダムSEED ASTRAY 天空の皇女」はガンダムエース誌上で現在連載中の、ときた洸一先生作画による『SEED DESTINY』終了後のC.E.を舞台とした漫画作品。

 

★ななコメント

「ガンダムアストレイ ブルーフレーム」は、主に叢雲劾さんが搭乗する機体として知られています!

スパロボにも登場したことがあるぞ(・v・☆)

「ブルーフレーム」の名前に相応しい青の装甲がとても綺麗で、フル・ウェポンの重厚感と多彩さがそこに加わって、とても魅力的です♪

 


関連記事

   
ページ上部へ戻る