七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

ついに完結『BLEACH(ブリーチ)』が2018年に実写映画化! 原作者・久保帯人先生が唯一心配な事とは……?

週刊少年ジャンプ38号で最終回を迎えた久保帯人先生の人気漫画『BLEACH(ブリーチ)』が、実写映画化されることが発表されました!

20160819_bleach01
(画像:映画「BLEACH」公式Twitterより)©Maciej Kucia(AVGVST) ©久保帯人/集英社 ©2018 映画「BLEACH」製作委員会

累計発行部数8,700万部を誇るメガヒット作『BLEACH』の実写映画化は今回が初。
主演は人気俳優の福士蒼汰さん、監督は『GANTZ』『アイアムアヒーロー』の佐藤信介氏が務めます。

今回の実写映画化発表に際し、原作者の久保先生がコメントを発表。
これまでも映画化の話はあったものの成就せず、今回ついに実現となったようです。
連載完結のタイミングと重なったこともあり、原作者として可能な限り協力すると意欲を見せる一方、
「唯一心配なのは一護の髪の色かなー!あの色実写だとヘンだけどどうすんだろなー!」
と、冗談とも本気ともとれる言葉で締め括っています。

映画の公開予定時期は2018年となっています。

 

★作品紹介

BLEACH
BLEACH 1 (ジャンプ・コミックス)

週刊少年ジャンプで連載されていた、久保帯人先生による漫画作品。
悪霊・虚(ホロウ)を退治する死神になった主人公・黒崎一護とその仲間達の苦闘を描いたファンタジーバトル。
2004~2012年にTVアニメを放送、通算4度の映画化を果たす。

 

★ななコメント

久保先生の発言にある髪の色は何気に重要ですよね!

漫画・アニメの実写化の場合、白髪や銀髪はその色をそのまま実写版でも採用するケースが多いですけど、オレンジ色はちょっと厳しい気がします。

妥当なのは茶髪ですけど、他のカラーになる可能性も十分あるので、福士蒼汰さんがどういう姿で撮影に臨むのか今から楽しみだぞ(・v・☆)

 


関連記事

   
ページ上部へ戻る