七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

アニメ映画『この世界の片隅に』の主人公「すず」役は女優・のんさんに決定! 本予告の動画も公開

2016年11月12日(土)公開予定のアニメ映画『この世界の片隅に』の主人公である「すず」役を、女優・のんさんが務めることが発表されました!

20160824_konosekai05

また、のんさんが演じるすずの声をチェックできる本予告の動画も公開。
劇伴を担当する女性シンガーソングライター・コトリンゴさんがカバーするザ・フォーク・クルセダーズの楽曲「悲しくてやりきれない」も聴くことができます。

 

20160824_konosekai01
20160824_konosekai02
20160824_konosekai03
20160824_konosekai04
(画像:映画「この世界の片隅に」公式WEBサイトより)©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

『この世界の片隅に』は、戦時中の広島県呉市を舞台に、18歳で一家を支える主婦となった「すず」の日常を描いた物語。
クラウドファンディングサイト「Makuake」で3,374の支援者、3,622万4,000円の支援金を集め、制作されたアニメ作品です。
監督は『マイマイ新子と千年の魔法』の片渕須直氏、アニメーション制作はMAPPAが担当します。

 

★告知動画

11/12(土)公開『この世界の片隅に』本予告

(映画「この世界の片隅に」公式WEBサイトより)©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

 

★作品紹介

この世界の片隅に
この世界の片隅に : 上 (アクションコミックス)

漫画アクションで2007~2009年に連載されていた、こうの史代先生による漫画作品。
「戦争と広島」をテーマに、戦争中の庶民の日常生活をリアルに描いたハートフルストーリー。
2011年にドラマ化、2016年11月12日(土)には片渕須直監督・MAPPA制作による劇場アニメを公開予定。

 

★ななコメント

本予告を観ると、この映画の空気感というか、世界観に一瞬で浸ることができます♪

戦時中を舞台にした作品はどうしてもテーマや空気が重くなってしまうものですけど、この作品は終始素朴で穏やかな空気が流れていて、気軽に観ることができるぞ(・v・☆)

親、子、そしておじいちゃんおばあちゃんと三代にわたって楽しめる作品になりそうです!

 


関連記事

   
ページ上部へ戻る