七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

「京都国際マンガ・アニメフェア2016」の来場者数は過去最多! 昨年より2割も増えたの理由とは!?

9月17日(土)~18日(日)に京都・みやこめっせ(京都市勧業館)、京都国際マンガミュージアム会場、ロームシアター京都で開催された「京都国際マンガ・アニメフェア2016」、通称“京まふ”の来場者数が過去最多の43,936人を記録しました!

20160921_kyomaf01

昨年の来場者数は36,951人で、実に19%ものアップ。
これまでの最多だった2014年の40,576人も上回り、過去最高の盛り上がりを見せました。

 

20160921_kyomaf02
20160921_kyomaf03

2012年よりスターとした“京まふ”は今年で5周年。
出展した出版社やアニメ制作会社、教育機関は過去最大となる68企業に上り、出展作品総数も前年を上回る50作品と、過去最大級のスケールだったことが来場者数増加の要因の一つに挙げられます。

 

20160921_kyomaf05
20160921_kyomaf06

また、メイン会場のみやこめっせ、第2会場の京都国際マンガミュージアムに加え、今回新たにロームシアター京都を追加。
人気マンガ・アニメ作品と京都企業がコラボした限定・先行販売グッズや一般販売グッズなど約380点に拡大したグッズ販売や、回遊型のファミリー向け企画など、コンテンツの拡大が行われたのも見逃せない点です。

 

20160921_kyomaf04
20160921_kyomaf07
20160921_kyomaf08
20160921_kyomaf09

そして、エンターテイメントの強化とイベントとしての熟成。
今回の京まふは、新たにコスプレエリアを設置し、応援サポーターとして声優・水瀬いのりさんを招くなど、アニメファンがより足を運びやすい空間を演出していました。
その一方で、京都開催のイベントという点もより前面に出し、普段和服を着ないアニメキャラの和服姿をグッズ化したり、アニメ化もされた人気漫画『だがしかし』の駄菓子屋をピックアップした展示を行ったり、みやこめっせ周辺を利用したファミリーエリアを新たに設けるなど、「古き良き日本」「家族で楽しめるイベント」を重視したコンテンツが増え、年配の方や外国人など、より幅広い層に対して魅力を訴えかけることが出来たのではないでしょうか。

今や日本の文化として海外にも根付いているマンガ・アニメというジャンルを、より日本的に演出することで成功し続ける“京まふ”。
来年以降、更なる規模拡大が期待できそうです。

 

★イベント紹介

京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)
kyomafu_logo_SMC_0314_ol_fix

西日本最大級の漫画・アニメ見本市として、2012年より毎年9月に京都府京都市で開催されているイベントで、通称「京まふ」。
各作品の紹介をはじめ、イベント、物販、出張編集部などを実施。
最新イベントとなる「京都国際マンガ・アニメフェア2016」は、2016年9月17日(土)~18(日)の期間、みやこめっせ(京都市勧業館)、京都国際マンガミュージアム、ロームシアター京都で開催。

©青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996 ©1997-2006 青山剛昌/名探偵コナン製作委員 ©犬丸りん・NHK・NEP ©コトヤマ/小学館

 

★ななコメント

1年目の来場者数が23,800人だったので、もうその倍近い人数が今年京まふに参加したんですね!

「京まふに行けばあのアニメの限定グッズが買える」「新アニメの発表や最新情報がいち早く聞ける」という期待感があるのも、イベント成功の理由の一つだと思うぞ(・v・☆)

今年で5周年なんですけど、もっと前からあったような感じがして、それだけ定着しているイベントなんだとあらためて実感しました♪

 


関連記事

   
ページ上部へ戻る